Manhattan DAC II - FAQ

RCA/XLR出力端子の出力レベルについて

仕様は下記となっております。

  • 出力レベル(Vrms):(XLR)9.75Vrms,(RCA)4.88Vrms
  • 出力レベル(dBu):(XLR)22dBu,(RCA)16dBu
  • 出力インピーダンス:(XLR)75Ω,(RCA)75Ω

接続するアンプの耐入力仕様がこれらを下回ると,音割れしたような状態となる場合があります。その際には,フロントパネルあるいはMytek Control Panelより,「Trim/Gain」設定値を調整してください。

ユーザー登録時に記入するシリアルナンバーについて

ユーザー登録ページで記入するシリアルナンバーは,次のものを使用して下さい。

  • 筐体底部などに貼り付けてあるシールに記載のSerial Number

通常,筐体シール記載のシリアルナンバーと,外箱シールに記載のシリアルナンバーは同一です。Mytek Control Panel上で表示されるSerial Numberは該当いたしませんので,記入しないようにして下さい。

XLR端子の極性について

XLR入出力端子はいずれも2番HOTとなります。

設定でHOTとCOLDを入れ替えることが出来ます。詳しくは製品マニュアル及び,フロントパネルメニューあるいはMytek Control Panel上の「Pos」をご確認下さい。

1番: GND

2番: HOT(+)

3番: COLD(-)

Network Card – DLNA Media Controllerとして使用できるApp

mConnect,Audirvanaが利用できることを確認しております。他のAppを使用いただくことももちろん可能ですが,動作保証並びに使用における技術サポートなどは提供しておりません。また,Kinsky,Kazooは使用自体ができません。

Network Card – MQAの再生について

USBDACで利用いただくときと同様に,ネットワークカードでの利用においてもMQAがデコードできます。ただし次の条件があります。

  • DLNAサーバーなどで改変(トランスコード)されないこと。
  • AirPlayでの再生については対応しません。
  • 再生に用いるソフトウェア側で適切な設定がなされていること。※mConnect,Audirvana並びにRoonについては推奨設定を同梱マニュアルに記載しています。

PHONO アナログプリアンプカードにおけるMM,MC入力の仕様

入力 ゲイン (f = 1kHz, RIAA) [dB] 入力インピーダンス [Ω]
MM モード 49.1dB ± 1 47k
MC 半導体アンプモード 68.2dB ± 1 1k, 500, 100
MC トランスモード 68.2dB ± 1
1k, 500, 100

ゲインはMM,MCともに固定値であり,例えばLow/Highといったような任意の切替は行えない仕様になっております。​