MYTEK Digital ブランド・ヒストリー

米国MYTEK Digital(以下、MYTEK)は、ニューヨークに本拠を置くプロ用レコーディング機器メーカーです。ザ・ヒットファクトリー、そして後にはスカイライン・レコーディング・スタジオというマンハッタンの二大スタジオで電気工学エンジニアを務めたミーハウ・ユーレビッチにより、1992年にニューヨークで設立されました。

ポーランドのワルシャワで電気工学と音響学を学んだミーハウは、大学卒業後エンジニアとして1989年に渡米し、ニューヨーク最大のレコーディング・スタジオである「ヒットファクトリー」に就職しました(注:アメリカのスタジオでは機器の整備やカスタマイズ、特注品の開発などを目的として専属の電気工学エンジニアを採用する慣習があります)。

その後、ミーハウは伝説のプロデューサー、ナイル・ロジャーズとの関係が深いマンハッタンのスタジオ「スカイライン」に移籍し、1990年からコンバーターの設計に着手しました。「スカイライン」では、はんだ付けしたての機材をいち早くテストする素晴らしい機会を得るとともに、このプロトタイプは、マライア・キャリーやジェームズ・テイラー、当時スタジオで働いていたビー・フィフティートゥーズのような、多くの著名アーティストの作品のミックスダウン作業で採用されました。

ミーハウは1992年にMYTEKを正式に商標登録し、1993年に18ビットのADコンバーターを最初の製品として発表しました。この製品は、現場の要請を十分に満たす音質と操作性がワダイとなり、たちまち多くのレコーディングエンジニアから厚い信頼を勝ち取りました。

1995年に「スカイライン」が閉鎖された後、ミーハウはMYTEKの事業に専念することにし、レコーディング用途やマスタリング用途として、これまでに30種類にも及ぶA / DおよびD / Aコンバーターを設計開発したほか、DSD録音用マスターレコーダーの開発にも携わるなど、その才能をいかんなく発揮しました。

こうした数々の技術と経験の積み重ねにより、MYTEKのコンバーターは、最高品質の音質を実現する機器の1つとして、現在も多くのレコーディング・スタジオやマスタリング・スタジオで広く使用されています。ユニバーサル、ワーナー、ソニーなどの多数のレコード会社は、PCMおよび/またはアナログマスターのDSD化にMYTEKを使用しており、数え切れないほどの著名な作品が、MYTEKのコンバーターを通じて録音され、デジタル化されてきました。例を挙げるならばNorah Jones、Metallica、Beck、Aerosmithなど多くの著名アーティストが実際にMYTEKのコンバーターを所有し、使用しています。

2000年代初頭、MYTEKはさらなる飛躍を遂げるため、ポーランドのワルシャワに自社製品の製造開発拠点を開設しました。主な事業計画と販売本部はニューヨークのブルックリンにある本社が担当し、ワルシャワではほとんどの製造工程とソフトウェアの研究開発を行っています(一部製品のシャーシは製造上の理由から米国で作られています)。

ポーランドの製造開発拠点は生産の大半と製品の研究開発を行うだけでなく、ヨーロッパとアジア向けのサポートも担当しています。ポーランドのオフィスはミーハウのビジネスパートナーであるマルチン・ハーメラが率いており、優れた技術サポートチーム、エンジニアチームが最新の製品テストとサポート業務を行っています。

ミーハウは1992年以来自分の開発した製品の入念な試聴を欠かしたことが無く、音質の向上に余念がありません。こうした姿勢は、現行製品の改良と新製品の音質向上に確実に反映されています。MYTEKのコンシューマ向デジタルオーディオ製品は、スタジオ向け機材の開発で培われた技術やDSD変換に関する豊富な知識、そしてオーディオファイルとしての経験を活かした高い完成度を誇っています。