ご注意

  • ファームウェアのアップデートに成功すると、すべてのユーザー設定(保存されている音量や選択されている入力など)が、工場出荷時の設定に戻ります。
  • ファームウェアのバージョンによっては、内部メモリーの改善やその他の機能強化のため、Liberty DAC IIからリモートコントローラーのペアリングが解除されます。リモートコントローラーを再ペアリングするには、リモコンの[Menu] + [Select] または [Menu] + [Next] ボタンを5秒以上押し続けてください (Liberty DAC IIのボリュームLEDが点滅し、ペアリングを確認します)。

ファームウェアのアップデート方法(Windowsのみ)

はじめに、以下のUploaderアプリケーションとファームウェアをダウンロードしてください。

Liberty DAC II Firmware Uploader v.1.0.0

Liberty DAC II v1.2.5 Firmware

1. 本体の電源を切ります

INPUTボタンを長押しして、電源を切ってください。

2. Liberty DAC II Uploaderアプリを起動します

Liberty DAC II Uploaderアプリケーションをインストールすると、デスクトップにショートカットアイコンが表示されます。このショートカットをダブルクリックして実行します。それによりアプリケーションがLiberty DAC IIを検索します。

3.サービスモードで本体の電源を入れます

初めてソフトウェア更新を行う場合は、サービスモードで電源を入れることをお勧めします。

右端のボリュームノブボタンを押しながら、INPUTボタンを押し、カチッという音がしたら、INPUTボタンを離し、ボリュームノブボタンも離します。UploaderアプリケーションがLiberty DAC IIのサービスモード(MQAインジケーターがオレンジ色で表示されます)を検出します。

4.Firmwareファイルの選択

画面の[+]ボタンをクリックして、コンピューターにダウンロードしたファームウェアファイルを選択します。選択されたファイルは、Uploaderアプリケーションに読み込まれ、ファイル名で表示されます。

5. アップロード処理を開始する

ファイルを選択すると、Uploaderアプリケーションの下部に[Upload]ボタンが表示されます。

この[Upload]ボタンを押すと、アップデートが開始されます。Uploaderアプリケーションがグレーアウトし、アップロード完了を示すプログレスバーが表示されます。

6. アップデートを確認する

アップロード完了後、Liberty DAC II はソフトウェアリセットを行い、ファームウェアの更新に関連する変更を適用します。Liberty DAC IIは再接続され、Uploaderアプリケーションによって再認識されるはずです。現在のファームウェアのバージョンがインストールしたものと一致していることを確認してください。

以上でファームウェアアップデートは完了です。